・・・ バラが大好きです ・・・

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬作業
Iceberg 
アイスバーグです。

世界ばら会連合世界大会で殿堂入りした白バラの名花です。

普段の花びらは白なんですが、寒くなるとピンクを帯びて来るんです。

薄っすらピンクが入っているの分かりますよね?^^

わが家のアイスバーグちゃん、もうちょっと頑張って咲いててね♪



毎週日曜日、NHKの「趣味の園芸」をかかさず見てるんですが、この前のつるバラの誘引についてちょっとばかり疑問を感じました。

まず、12月初旬で葉っぱがまだ青々としているのに 全ての葉っぱを取って誘引してしまうということ。

ほんとに大丈夫なの??

関東以西で一般的な地域のことを言ってるんだと思うけど、テレビで紹介していたつるバラはどう見ても休眠前で活動中。

もし誘引・剪定して芽が動いたらどうするの?
(バラの花芽分化には時期があって 芽が動くのが早すぎると花芽にならない)

あともうひとつ(どうでもいいことかもしれないけど)
全ての葉っぱを取ってから誘引するなんて面倒じゃない?

葉っぱがない方が良い枝が分かりやすいなんて言うけど、そんなの葉っぱがあっても普通は分かりますよ。

どうせ不要な枝葉は処分するんだから、葉っぱが付いたまま処分すればいいので二度手間のような気がします。

解説の小山内さんはバラ栽培家でバラ界では有名なお方。

バラ栽培について本も出していらっしゃいます。

うーん、よく分からん。

実際試しにやってみれば 結論が出るのでしょうけど、ちょっとそんな気にはなれないです。

もし万一、お花が不調だったら 寂しいですから。

つるバラの多くは樹勢が強く芽が動き出すのが早いので 12月下旬になってから、剪定・誘引を始めようと思っています。

うちにも多くのつるバラがいて早く剪定・誘引してスッキリさせたいところですが、もうちょっと待ちます。

わずか1ヶ月に満たない期間ですが、ここが重要。

春にはやっぱりたくさんのお花が見たいですから^^



私の考えは古い???


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ 人気ブログランキングへをクリックして頂けるとうれしいです。
応援ありがとうございます♪

今回のつづきはポール・マッカートニーです。
ポールは有名なベーシストですが、ギターやピアノも弾きこなす器用なところもあります。
こちらはアコースティック・ギター編です。
「Blackbird/We Can Work It Out/Here,There And Everywhere/Eleanor Rigby」


冒頭の「ブラック・バード」は昔まだ若かりし頃 よく弾きました。
うーん、なつかしい^^

動画を見て気になるのが、おっちゃんやおばちゃんがステージを見てウルウルしているところ。
あのビートルズの唄が生で見れたら、私もきっとウルウルするでしょうね。

あと作出者がポールに捧げたという「ザ・マッカートニー・ローズ」があります。
うちにもいるけど 今は咲いてないので画像は「バラの家」さんからお借りしました。
The McCartney Rose

このバラも大好きです^^

Comment

 秘密にする

ステキ♪
アイスバーグv-254
雪国から訪問すると別世界みたいな色合いです。

>寒くなるとピンクを帯びて来るんです
かわいいね。乙女みたい♪

剪定・誘引と知らないことや手をかけることが沢山ありますね♪
子育てに似ているかしら(^▽^)
bery | URL | 2012/12/06/Thu 16:30[EDIT]
v-254 beryさん、こんばんは♪
アイスバーグ、かわいいですよ^^
こちらもだんだん寒くなってまいりました。
そろそろバラもおしまいです。

そうですね。
バラも子育ても、思うようにならないのが似てるところかな。
でもそこが面白いところです^^
紙ヒコーキ | URL | 2012/12/07/Fri 18:07[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小さな庭日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。